後悔先に立たず!?家族の幸福を願って

不動産会社は複数社と交渉しよう

自分の城を持ちたい。
不動産という資産を所有したい。
家族が安心して生活できる環境を手に入れて、遺してあげられるものができたらいい。

人それぞれ、いろいろな思いでマイホームを購入します。
勢いだけで決めてしまったら、後悔と高い借金だけが残ります。
価格なども不動産屋側で値引き交渉にいつでも応じられるくらいの余裕がある値段の設定にしてあるのが普通です。
仕事が忙しくて時間がないからと言って適当に決めた1社だけと交渉をしては足元を見られる可能性があります。
高額で、大事な買い物になります。

できるだけ時間をかけて多くの不動産会社をまわって比較をすることをおすすめします。
他社の条件を提示することで、値引き交渉は有利に進められるでしょう。

そこで生活する自分を想像できるかが重要

価格も納得した値段で抑えたいですが、やはりいちばん重要なのは家の中が快適で不便さを感じないところだと思います。
新築の家は快適に生活できるように考えて作られているんだからあまり気にしなくていい、と思いがちですが、内覧の下見で一番見なければいけない部分は、生活に不便がないかどうかです。

残念ながら家をデザインする人、建築する人は、そこに住むわけではありません。
買ってくれる人が見た目で気に入って買ってくれさえすればそれでいいとしか考えていない人も少なからずいます。
そういった物件を何度か見たこともありますし、よく耳にします。
デザインに拘りすぎて掃除ができない場所などもありました。
扉と扉が緩衝していた物件もありました。

大人だけで住むならまだしも、赤ちゃんと住むには危険で、配慮がいります。
自分の目で確かめて、決めることが重要です。